風俗とavの違いとは | avの募集を利用して賢くお金を稼いでみませんか?
menu

風俗とavの違いとは

海を見ている女性

風俗とavというのはかなり近いところにある仕事ですが、その内容はかなり遠いところいあると言っても良いかもしれません。
avというものが全てセッティングされた「作品」を作り上げるものに対して、風俗というのはあくまでもサービス業でしか無いのです。
そういったサービス業である風俗というのはどういったものなのでしょうか?

avの募集を応募するか検討する人とういうのは、ほとんどが風俗の募集も視野に入れている人かもしれません。
自分の時間を自由に作れるという意味ではかなり似通っていますからね。
しかし、風俗は先程も言ったとおりサービス業になります。
お客さんにどのように満足して帰ってもらうかを考えるだけのお仕事になります。
その中でサービスを磨いたりすることは非常に重要ですが、お客さんにどのように好きになってもらうかということまで考えなければいけません。
そういった疑似恋愛をどれだけリアルなものとして提供することが可能か、ということになります。
風俗のメリットとしては、頑張れば頑張るほどにそれが指名へと結び付くということです。
つまりお金を稼げるということになります。
avはそういった意味では少し違います。
avを見る男性の需要と噛み合わなければどうしてもav女優としては埋もれていってしまいます。

ある意味では堅実に稼ぎたいのならば、avよりも風俗の方がいいのかもしれません。
しかし、肉体、精神的なリスクを考えるのならば風俗よりもavの方がいいと思います。
av業界は女の子が全てと言っても過言ではないために、そのケアというのは全力でしてくれます。
もちろん風俗がそうではないとは言えませんが、その規模が全く違うのです。